未来との対話、三陸とインドネシア
三陸国際芸術祭2019

2004年のスマトラ沖地震の被災地、インドネシアのアチェと2011年東日本大震災の被災地、東北。2013年から私たち特定非営利活動法人地球対話ラボはこの両地域を結ぶ「インドネシア・アチェと東北の被災地間交流プロジェクト」を行なってきました。

2017年からは、「アチェ=ジャパン・コミュニティアート・プロジェクト」というかたちへと発展。両国のメンバーがお互いの国や地域を行き交う中で、知りえなかったそれぞれの震災の一面にふれ、自分が当然と思っていた文化を「外」の視点からながめなおすことによるさまざまな気づき・共鳴が生まれています。

「三陸国際芸術祭2019」ではこれまでのアチェとの成果をもとにしたアートプロジェクトを三陸でを行い、そこで生まれた経験や出会いが、さらに2019年12月にスマトラ沖地震15周年を迎えるアチェでの「アチェ=ジャパン・コミュニティアート・プロジェクト」へと生かされていく。 そうした文化による相互交流があたかもキャッチボールのようにつづいていく、そんな営みを作っていきたいと考えています。

岩手・宮城で行われる6プロジェクト
岩手県大槌町・宮城県気仙沼市

Card image cap

企画1映像・展示

「気仙沼のインドネシア人」

<会期> 2019年3月2日〜3月24日
<展示会場> 気仙沼図書館・ユドヨノ友好こども館(予定)、歓迎ビレッジ(2019年2月完成予定)
<制作> 2018年11月から月2回程度気仙沼に通い、交流の中から生まれたできごとやインタビューを撮影、映像作品にしていきます。たこ焼きパーティをしたりしていっしょにインドネシアの方と交流したい方はぜひご連絡ください。

もっと詳しく
Card image cap

企画2サイクリング・展示

「三陸とアチェ、200キロサイクリング」

<日程> 2019年3月12日(火)〜14日(木)
<ルート> 仙台〜石巻〜南三陸〜気仙沼〜大槌までの約270キロ
<展示> 3/15〜17、大槌町文化交流センターおしゃっちにて(予定)

もっと詳しく
Card image cap

企画3アートツアー

「想いにふれる せかいが広がる  どこでもピントゥさんぽ in 三陸」

<行き先> 気仙沼市と大槌町を中心とした三陸国際芸術祭開催エリア
<日程> 2019年3月13日〜19日(予定)
<参加者> アチェ人(計6名)など。
※ツアーを巡るアチェ人とは3/16・17のおしるこ映像祭、交流トーク会で交流いただけます。

もっと詳しく
Card image cap

企画4食と映像の交流会

「おしるこカフェ/コミュニティアート映像祭in大槌」

<会場> 大槌町文化交流センターおしゃっち 多目的ホール
<日時> 2019年3月16日(土)

もっと詳しく
Card image cap

企画5交流トーク会

「三陸とアチェ、未来への対話」

<会場> 大槌町文化交流センターおしゃっち
<日時> 2019年3月17日(日)10:00〜15:00
<パネラー> ラマダニ氏、山内宏泰氏、アチェからの若者たち ほか

もっと詳しく
Card image cap

企画6被災地間交流絵画制作展示

「15年後の気仙沼とアチェ」

<会場> 震災遺構・気仙沼向洋高校コミュニティコーナー
<会期> 2019年3月末のオープンより公開開始
<制作> アチェと気仙沼のこどもたち

もっと詳しく